• はてなブックマーク
  • Twitter
  •  Facebook

美容と健康の専門家 高橋京美の美容ブログ。
「一生続けられる」リバウンドしない楽しい体質改善の方法や
美肌情報を30年以上の経験をもとに発信しております。

フェイシャル

輝ける素肌を取り戻す! 今から始めたい洗顔法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洗顔が主役のフェイシャルコース

フェイシャルと言えば、リラックス。

スチーマーがかかると「あぁ~エステにきたーーー。」 そう、実感するんだそうですね。

毛穴黒ずみ 洗顔

確かに、自宅であの微粒子のお水の蒸気は再現できないかもしれないですね。しかもベットに寝たまま受けられる・・(笑)

紫外線対策でフェイシャルに頼っちゃおう・・。

やっぱりプロに任せた方が安心だし自分じゃできない‥と思っていませんか?

自分で出来ないトリートメントはエステサロンの専門分野なんですが

毎日のケアで確実にお肌を蘇らせるスキンケアってあるんです。

何だと思いますか?

美容液・・? パック・・? ホーム美顔器・・?

どれも肌質に合っていて、キチンと使用すれば(笑)

使用すれば・・ですからね(笑)

それなりの効果はあるはずですが、それより何より、もっともっと大事なケアがあります。

基本中の基本洗顔です。

素肌美人は洗顔に始まって洗顔に終わる

毛穴 洗顔 フェイシャル

と昔から言われていますけど、なぜでしょうか?

それは、スキンケアの基本が洗顔で素肌の土台作りだからです。

土台が悪いのに上からイロイロ、塗ったり、触ったり、しても

綺麗になりません。

基礎から改善! そこに着眼したフェイシャルがハーツイーズのラテCreamフェイシャルです。

ラテCreamフェイシャルとは?

洗顔クリームを写真のように大量に顔にのせて泡をクッションにして洗顔。

ふわっふわ、だけど濃厚な泡で15分~20分ひたすら洗顔&お水で鎮静

自宅のケアも洗顔が基本

フェイシャルエステも気持ちい~いですけど、自宅で行う洗顔はもっと大事。

毎日、毎日の洗顔を変えるだけで

お肌の生まれ変わりを助けてターンオーバーがスムーズになります。

自宅でも毎日がフェイシャルエステの心地よさ

ハーツイーズの泡洗顔に使用しているのは「くりーむくりーむ」という弱アルカリ性の洗顔クリームです。使用方法の問い合わせが多いですので下記を参考にして下さいね。

 

毛穴 洗顔 フェイシャル

⭕自宅でサロンみたいに泡を立てられない~とのご質問が最多でした(笑)

 自宅で使用する場合は顔が隠れる位の洗顔量で充分です。

1、洗顔を1~2㎝手のひらに出します。

 専用の泡立てネットで10秒程で出来上がり。

2、顔に泡をのせてクレンジング&洗顔

3、顔全体をマッサージするようにクルクルします

 泡がクッションになってダメージから守ってくれます。

4、目の周りも忘れずに

5、最後はよ~くすすいで終了

クレンジング&洗顔しただけでエステ後のようなぷるぷる肌になれるのはなぜ?

1、弱アルカリ性の特別な洗顔

市販されている洗顔のほとんどは弱酸性です。それは、弱酸性が肌に優しいから…と勘違いしていませんか?

優しくもないし、洗顔として機能を発揮できない弱酸性の洗顔がなぜ出回っているのでしょう? 外資系の化粧品の日本上陸からのブームです。

日本人の皮膚は欧米人より薄くてデリケートでキメも細かいんです。

外資系の基礎化粧品は「日本人用に合わせている」といいますが、そうなんでしょか?

疑問です?

薬事法の関係で成分なんかは一部変更してるかもしれません。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

でも水を変えることはできません

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

ヨーロッパの化粧品には洗顔というアイテムがはじめからありません。

毛穴 洗顔 フェイシャル

洗顔は刺激になる、、という理由が多いようですね。

刺激になるのではなく洗顔できない環境なんですよね、じつは。

ヨーロッパのの水は硬水

そして蛇口をひねって水を飲んだりできません。

アルカリ性の洗顔は硬水では泡が立たない。

だから弱酸性なんですね。

 

でもですね

日本の水道水は「軟水」なんですね~これが。
 
 
なんて良い国なんでしょうね。
 
 

「肌が弱酸性だから洗顔も弱酸性がいい」

コレ嘘です。

弱酸性の洗顔料で汚れは落ちません。

汚れを落としてくれるのは洗顔の有効成分ではなく、泡を立てるために配合された合成化学成分の力で落としています。

(ボディーソープやシャンプーなんかも同じ原理で汚れを落とします。)

洗顔後やボディーソープで体を洗った後にヌルヌルしているのは保湿されているのではなく化学成分が肌に残っているからでトラブルの原因になりやすいのです。

洗顔はファンデーションの油やメイクの油老廃物をきれいに落として健康な素肌になるための基本の基本。

汚れが落ちない洗顔で上からスキンケアを更に塗ってしまって大切な肌を痛めていませんか?

肌老化や乾燥肌の原因はその洗顔かもしれません。

アルカリ性は刺激が強いの?

温泉に入るとお肌がスベスベしますよね。

アルカリの皮膚に対する効能です。

だからといって

刺激の強い石鹸(石鹸はアルカリ成分が多い)でゴシゴシ、ゴシゴシはダメです。

フェースブラシは避けて下さい。

摩擦で肌を痛めます。

刺激の少ないアルカリ性の石鹸か洗顔クリームを充分に泡立てて泡で肌を包むように洗いましょう。

毛穴 洗顔 フェイシャル

 

そしてよ〜くすすぐ、洗顔が髪の生え際や耳の後ろ顎と首のラインに残らないように
しっかりすすぎましょう
 

洗顔後の保湿は水分補給をたっぷりと

肌に必要なのは水分です。 洗顔後は5秒以上放置しないですぐに保湿が必要です

保湿というと油分が必要だから・・・と勘違いしていませんか? 乳液、クリームをたっぷりと塗るイメージですが逆効果。

たっぷり与えるのは水分です。

毛穴 洗顔 フェイシャル

クリーム類は塗った直後はスベスベします。

油ですからね。

でもこの油がクセモノで植物性でも動物性でも時間がたつと必ず酸化します。

シミやくすみの原因でもあります。

肌が新陳代謝する夜の10時〜2時の(黄金の時間)は特にやめましょう。

せっかく、自力で何とかしよう‥と頑張っている細胞が甘やかされて機能しなくなってしまいます。そしてクリームを若い時から塗っていた人の方がシワが多いのです。

 

応急処置的に時々塗るくらいで利用するといいですね。

 

クリーム塗ってるのに乾燥して困ってる方は洗顔方法の見直からされてみて下さい。

泡洗顔「くりーむくりーむ」の詳細

ハーツイーズ 公式HP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

カテゴリから記事を見る

投稿月から記事を見る