• はてなブックマーク
  • Twitter
  •  Facebook

美容と健康の専門家 高橋京美の美容ブログ。
「一生続けられる」リバウンドしない楽しい体質改善の方法や
美肌情報を30年以上の経験をもとに発信しております。

おすすめの記事

通いすぎると逆効果!悩み別にヘッドスパの頻度を比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘッドスパに通っているけど変化がない・・。続けて通うと頭皮がかゆくなる・・。専門店のケアはやりすぎも良くないの?ヘッドスパに通う頻度って理想はあるの? そんな疑問をを悩み別にみていきましょう。

よくある髪の悩み: くせ毛、うねり

ヘッドスパで行うケアの基本はシャンプー、トリートメント、マッサージです。極端にハードなマッサージでなければ通いすぎてダメージを受けることはありません。

続けてヘッドスパを受けて頭皮がかゆくなったり髪の毛が痛むような場合は使用するシャンプー剤やトリートメント剤が皮膚にあわないか、シャンプーの時にゴシゴシ指先で強く触りすぎたことで地肌が傷ついてしまったかの原因が考えられます。

くせ毛、うねり髪は継続的にヘッドスパでケアすることでかなり緩和できます。

ヘッドスパのトリートメント時間を長くして毛髪内部の保水力を高めることとトリートメント剤の使用方法だけでも、その効果は違ってきます。

シャンプー後にトリートメントでケアしますが髪の毛がビシャビシャに濡れていると毛髪内部にトリートメント剤が浸透しにくくなります。

余分な水分をキチンとタオルドライして有効なトリートメント剤を髪に、もみ込むように伸ばして長めに塗布することができるヘッドスパを選びましょう。

よくある髪の悩み: カラーとパーマのダメージヘア

カラーやパーマで受けたダメージは特に頻繁なヘッドスパがオススメです。薬液でうけたダメージは自宅のトリートメントだけでは不十分です。

美容室でカラーリングをした当日はシャンプーをしないようにアドバイスされることが多いのですが、その理由はカラーリングが落ちやすくなるのと頭皮への刺激をさけるためです。

このことからもヘッドスパも頻繁に行うとダメージがあるのでは? と勘違いしてしまいますがヘッドスパがダメージを与えるのではなく使用するシャンプー剤に問題があります。

薬液でダメージを受けてしまった頭皮や髪にさらに化学成分たっぷりのシャンプー剤やトリートメント剤を使うことが問題なのです。

髪の毛は1ヶ月に約1㎝程伸びるといわれています。

ロングヘアの方ですと肩下の髪の毛は2年も3年も前の新生毛ということになります。ヘアカラーやパーマの薬液で何十回もダメージを受けてしまっています。

特に毛先まで丁寧にトリートメントができるヘッドスパは頻繁にうけることをオススメします。ダメージを受けないシャンプー剤やトリートメント剤を使っているお店を選ぶことも重要です。

よくある髪の悩み: 細毛、ボリュームがない

髪の毛も年齢とともにハリコシがなくなりボリュームもなくなってきます。近年は女性の薄毛に対するニーズの高まりヘッドスパメニューも対応しているようです。

 

細毛、ボリュームがない髪の毛はまさしくヘッドスパを活用したいお悩みのひとつです。

自宅でのケアと違い頭皮からクレンジングするヘッドスパは細毛の予防にもなります。細毛の改善方法はトリートメントではなく頭皮の修復が必要です。

女性は30代後半あたりから毛根に栄養や酸素を運ぶ機能が徐々に衰えてくるため毛髪が細くなり細毛、ハリ,コシがなくなりボリュームも少なくなってきます。

頭皮の状態から修復することで毛根がしっかりと立ち上がり髪の毛のボリュームも出やすくなってきます。

頭皮修復の基本はシャンプーです。詰まった皮脂汚れや不要なものを地肌を痛めることなく汚れを落とすのが頭皮クレンジングの役目です。

ついついゴシゴシと爪を立ててしまうことがあるシャンプーですが、ヘッドスパで行うケアでは指の腹で優しくなおかつしっかり汚れを落とすことができます。

ふわっとしたボリュームを出したい方こそヘッドスパを頻繁に利用して頭皮から修復することをお勧めいたします。

よくある髪の悩み: 量が多い、広がる

髪の量が多くて広がるお悩みの特徴で寝癖が直らないという共通点があるようです。 ボリュームを抑える場合はやはり髪質に適したシャンプー剤を選ぶこととトリートメント剤を髪内部に浸透させることが効果的です。

ヘッドスパで行うケアは毛髪内部にしっかり浸透させることをを重点的にケアを行うことが可能ですので むしろ頻繁にヘッドスパを受けることで髪質は変化します。

 

トリートメント剤を浸透させるための加温や遠赤外線を使ったケアも髪の広がりを抑えてくれるのに役立ちます。時間をおいてインターバルすることも効果を高めます。

ヘッドスパでのケアと違って自宅ではインターバルする時間がとれない場合も多くシャンプー後にトリートメントをササっと済ましてしまうのではないでしょうか?しっかり髪の内部に浸透させることが髪の量が多く広がるのを防ぐ方法です。

そして意外に大事なことがシャンプー後のドライヤーの使い方です。

濡れた髪はとても傷みやすいのでタオルドライで根元から丁寧に水分をとってドライヤーをかけるようにしましょう。

よくある髪の悩み: 円形脱毛症

円形脱毛症の治療は随分前からほとんど変わってないそうです。最も推奨されている局所免疫療法も30年以上前に米国で提案された治療である。一方ここ10年の基礎研究の結果、円形脱毛症の病態が徐々に明らかになりそれに基づいて従来の治療を適応させる動きがある。

2010年に日本皮膚科学会から診療ガイドラインが発表され治療の標準化が進んでいる。その中で局所免疫法局所免疫療法やステロイド局所注射が特に推奨され以前よりも患者さんに使用する頻度が高まっている 

 <皮膚と美容Vo1.47,No.1より抜粋>

ヘッドスパにおいて円形脱毛症へのケアとしてはストレスの緩和があげられます。

円形脱毛症の原因はいまだに全容は解明されていませんが、ストレスが大きくかかわっていることは間違いない事実でしょう。

髪の毛は体内の重金属や不要物を排泄させ健康にも影響する大切な個所です。

ヘッドスパで行うケアは頭皮のクレンジングからはじまりストレス開放に役に立つハンドでのマッサージが大変人気です。

頭皮マッサージは年齢・ストレスにより感じる髪の不安を解消するために血行を促進したりアロマオイルなどのお気に入りの香りを使って五感に働きかけ日常生活の疲れを癒してくれる作用があります。

マッサージは自分でも行う事は可能ですが、人の手によって癒される民間療法として古くから伝わってきた自然療法でもあります。

悩み別の中でも頻繁にヘッドスパを利用したいのが円形脱毛症です。

スパに通う頻度が高すぎると逆効果のヘッドスパ

ヘッドスパにトリートメント後にかゆみを発症する場合があります。これは4つの原因が考えられます。

逆効果 1

ヘッドスパで使用したシャンプー剤やトリートメント剤が頭皮に残留し痒みを発症している場合です。考えられるのはすすぎが十分に行われなかった可能性です。どんなに上質の材料でも使用方法やすすぎが不十分の場合はトラブルを引き起こす原因になりますのでヘッドスパを選ぶ時は確かな技術とマナーを守っているお店を選びましょう 

逆効果 2

ヘッドスパで使用するシャンプー剤やトリートメント剤が合わない場合です。ストレスを緩和してくれる働きがあるヘッドスパですが材料自体が合わない場合はかゆみや湿疹を発症することもあります。

皮膚が赤くなっていたり直後に痒みがある場合は一度ぬるま湯で洗い流して様子をみましょう。

逆効果 3

1度のヘッドスパで汚れが落ちていない場合です。

ワックスやスタイリング剤を大量に塗っていたり長期で洗髪をしていない 

場合に時々起こります。単純に一度のヘッドスパでは汚れが落ちきれず痒    

くなるケースです。しっかり洗いなおすと痒みは治まります。

逆効果 4

ヘッドスパの水が合わない場合です。

ヘッドスパでは大量の水を使います。その都市によって水質は違っていますのでたまたまそのヘッドスパの水質が合わないケースが稀にあります。

 

まとめ

通いすぎると逆効果なヘッドスパとはお店の使用している材料や水の質、技術によるところが大きいというのが結論です。

頭皮と髪のために最高のヘッドスパとは毎日うけてもダメージをあたえることがなく髪の悩みの解消に近づけるヘッドスパのことです。

お気に入りのヘッドスパのお店を見つけて上手に利用したいですね。

 

 

 

 

ハーツイーズ公式Line@へ登録!

ご登録いただくと、Line@限定のキヤンペーン情報を配信しています!

ハーツイーズのLine@でお得キャンペーン実施中!

 

インスタグラムもやってます!

ハーツイーズ_インスタグラム

 

表参道 ハーツイーズ

表参道 大人の隠れ家サロンハーツイーズ

大人の隠れ家サロン ハーツイーズ 表参道
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-18-13
お電話:03-3470-8212
Mail:kirei@8212spa.jp


<営業時間>
火ー土 12:00-21:00
日、祝 10:30-19:30
(定休日  月曜)

ホームページはこちらから

ハーツイーズ公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

カテゴリから記事を見る

投稿月から記事を見る